読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

makicoo thinks

2017年のテーマは「アラフォーを楽しむ」。77年生まれの皆さん、素敵な40歳になりましょう\(^o^)/

Terrace House Aloha Stateにみる♂のモテ/非モテの境目のマキ。

www.instagram.com

定期的に見ているTV番組といえば「テラスハウス」。特にNetflixで配信されるようになってからは、Youtubeの番外編まで追っかけてるテラスハウスフリーク。ちなみに今シーズンは舞台がハワイ。男女6人の共同生活で発生するちょっとしたイザコザや恋模様が番組の面白いところ。

 

私的な今シーズンの見所は18歳の渋澤くんと

www.instagram.com

同じく18歳の鮎澤くんの

www.instagram.com

コントラストだろう。渋澤くんは顔が苦手で、性格もそんなに好きじゃない。鮎澤くんは、彼の弾くギターが大好物だし、性格もすごくよいと思う。ちょっと前のブログにも書いたほど。

blog.makicoo.com

ただ一話一話見進めていくうちに、やはり大多数の♀にとって、今の時点で「恋愛対象」になるのは渋澤くんになるよなーというのをじわじわ思う。特に昨日放映された第8話「Taste of Catfish on the First Date」の鮎澤くんと渋澤くんを見比べると、やはり圧倒的に鮎澤くんは、現時点で恋愛偏差値が低い。

 

世間的なイケメンは渋澤くんの方だろう。ただ渋澤くんと鮎澤くんにおける決定的な違いはビジュアルではない。渋澤くんにあって鮎澤くんにないもの、それは「自信」だ。自分が相手の女性にとって、プラスな存在であるという自信。

第8話で、渋澤くんは、気になる女の子から「(自分のこと気になると言ってきながら)他の女ともちゃらちゃらしやがって、お前の態度は信用できない」と責められた。ただ彼は切れることなく、まっすぐ相手の目をみて、言えるのだ。「俺が気になっているのはお前だけ」と。

一方鮎澤くんは楽しみにしていた映画館デートの後、食事に誘ったのに、用事があるからと相手に断られた。その時の鮎澤くんの悲しそうな顔や態度、女性からすると、とても重い。そういう態度をとられてしまうと「他の女とちゃらちゃらしやがって」なんて不安/不満をぶつけることなんて、とても出来ない。

ちょっとした一言で、傷ついたり動揺したりするような弱さを、多くの女性は敬遠する。そしてどんなに感情をぶつけても、でんと構えてくれる男性に、多くの女性は心ひかれる。そしてここが男性における、モテ/非モテの境目なんだと思う。

 

鮎澤くん自身の中には、「自信」の素がたくさんある。

  • 日本からハワイに移住して、きちんと順応できたこと
  • 独学ではじめたギター/ウクレレ。わずか数年でCDを出したりコンテストで優勝するまでになったこと。
  • TERRACE HOUSEのオーディションに受かったこと

特にギター/ウクレレに関しては、どう考えても一級品だ。だから、本当に後は自信をつけるだけで、彼はものすごく魅力的な人になるのだと思う。

 

なおビジュアルの話をすると、少し痩せて腹筋割ると男の人はそれだけで自信がつくと思う。健闘を祈る(*゚ー゚)