読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

makicoo thinks

2017年のテーマは「アラフォーを楽しむ」。77年生まれの皆さん、素敵な40歳になりましょう\(^o^)/

結婚するひとしないひとのマキ。

 たてつづけにアラフォー♂の友人が、出会って1年以内の人と結婚した。2人とも、とても幸せそう。去年の今頃は2人とも「結婚したーい」と飲むたびに言っていた。何だかとても感慨深い。

 

この2人に限らず、結婚したいと心に決めてから実際にそうなるまで、ものすごく展開の早い人がいる。同じくアラフォーの友人♀2人も、去年、出会って3ヶ月の人と、結婚を決めた。

 

 かたや結婚したい、と言いながら、ずっと結婚しないひともいる。で、何が違うかを考えると、やっぱりそれは人と出会った時のフィルタリングのしかたによると思う。

 

「大して好きでもないひとと結婚するくらいなら一生独身でいい」「妥協するくらいならしなくて結構」なんて考え方があるけれど、この状態で人と出会ってもなかなか結婚に結びつかないのは、「結婚するに至る人かどうか」というジャッジが入り、ちょっとでも気になる点があると及び腰になっている。

 

 一方結婚していった彼らは「結婚する」へのモチベーションの高まりと共に、出会った時点での♀へのジャッジが加点方式になった。相手も結婚したい10点、かわいい10点、優しい30点、はい結婚基準突破!とでもいうんだろうか。2人とも、それまでは人と付き合うことにとても慎重で、どちらかというと、「大して好きでもないひととなら・・・」という考えの持ち主だった。ただここ1年の彼らはそんなスタンスが変わっていて、そしてそれが「結婚」に結びついたんじゃないかなと思っている。

 

なのでもし「結婚したい!」という気持ちがあるのであれば、出会った人を加点方式で見れるようになることが、結婚への近道なのかなと思うのだ。

 

 ちなみにアラフォー未婚だった♂2人とも、本当に素敵な男性である。アラフォー独身♂は難あり?なんてのは大きな誤り。そんな彼らと出会えてお嫁さんたちはとてもラッキーだ。まだまだ私のまわりにも素敵なアラフォー♂がたくさんいるので、結婚したい♀はぜひ色眼鏡をかけずに、加点方式で彼らと出会って欲しいなと思ってる。

f:id:makicoo:20161113225859j:plain

blog.makicoo.com

blog.makicoo.com