読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

makicoo thinks

2017年のテーマは「アラフォーを楽しむ」。77年生まれの皆さん、素敵な40歳になりましょう\(^o^)/

気乗りしないときに考えたことのマキ。

日常

 日曜日はデトックスデーなので、ヨガに行ったりリンパマッサージに行ったりするののだけど、昨日の午後、相方氏に用事があったのもあり、その時間に全てすませてしまった。で、私は今日の1日を原稿に捧げる必要があった。。

 

 来週の火曜から久々の1人旅の予定。目の前には〆切りを一週間勘違いし、平謝りして週末中にやりますと〆切りを延ばしてもらったグルメ記事が2本と毎週恒例の占い記事が2本。。明日飲み会なので、今日やるしかないのだけれど、どうも気乗りしない。それで原稿を少し書いては別のことをしたりしながら、とても要領の悪い時間の過ごし方をしている。

 

 「書く」ということに対して私が一番「やる気」になるのは追い詰められた時で、思えばここ最近どこかに行くという時、成田エクスプレス内で原稿を書いてみたり、宿泊先のホテルでを提出してみたりと、残念なエピソードには事欠かない。前職を辞める時、「ゆくゆくはライター業で食べていけるようになりたい」と言ってはみたものの、この「追い詰められないとやる気でない」は職業ライターとしては致命的。

 が、踏ん張り時だと思いながら、気分転換にNetflixでアニメ「アクセル・ワールド」を見はじめたらもうこんな時間。。原稿の進捗度はようやく半分を過ぎたところ。やっぱり気乗りしないことをするのは好きじゃないし、向いてない。。

 

 以前ここまでモチベーションが沸かない時は、あっさり投げ出すことが多かった。ライター業を再開して1年ちょっとなのだけれど、どうしても気乗りしなかった原稿を〆切をぶったぎった挙句断ったことがある。書くことが生活に直結していないからこその甘さ。で、私はこれをなんとかしたい。興味が薄れるとやる気が減退し、すぐに投げ出す癖がある。そんな自分をやっぱり変えたいと思う。

 

 いくつになってもやるべきことが全部後回しになる自分にはほとほと呆れるけれど、何とかしようと気持ちになれるくらいは進歩しているんだろうか。

 

さあ後、半分。頑張ろう。

 

追記:終わったはいいけど、現在4:33。。またこの時間までやってしまった。にんげんなかなかしんぽしないものですね(´・ω・`)