読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

makicoo thinks

2017年のテーマは「アラフォーを楽しむ」。77年生まれの皆さん、素敵な40歳になりましょう\(^o^)/

セックスレスを防ぐにはのマキ。

セックスレスなんだ」という相談を男女問わず受けることがある。子供が出来てから、結婚してから、付き合ってしばらくたってからと時期は人それぞれ。ひとつ共通して言えることがあるとすると「疲れていたときに断るのが数回続いたのがキッカケかも」的な、男女のどちらかが拒否したという事実。それだけが原因じゃないとは言え、たった数回の「今日はやめとこう」がその後の性生活を阻害することになるのだとしたら残念だ。

 

私自身はセックスレスになったことがないので自身の経験から基づくハウツーはない。ひとつだけあるとすれば、私を含めたある程度の年数付き合っていてもレスじゃないカップルのセックスというのは、概して結構安易な気がする。極端な話

 

いれて、出して、はい、すっきり。

 

でも特に不満がない感じ。そのため疲れていたり眠いことがセックスをしない理由に繋がりにくく、むしろセックスした後の方がよく眠れるので、さてしようかという感覚があったりなんだり。

 

「前戯は愛情の印」的な記事をよく見かけるけど、個人的にはその呪縛が「セックスをする」にいたるまでの敷居をあげている気がしてならない。少なくとも♂にとっては前戯より体を重ねることがメインディッシュな訳で、♀がそれをよしとすることで、ずいぶんコトは単純に進む。ある程度体を重ねることに慣れた女性の体というのは念入りに前戯しなくても濡れるものだし、慣れると体をあわせてから快感を感じた方が、前戯で疲弊した後より幾分よかったりする。

 

こんなコンパクトなセックスを二人の間で「あり」とすることで、セックスをすることに対するしきい値がさがり、結果レスになる可能性も下げられるのではないだろうか。なお安易なセックスをしていると、たまに丁寧にするのがちょっとした非日常となるオマケもついてくる。