読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

makicoo thinks

2017年のテーマは「アラフォーを楽しむ」。77年生まれの皆さん、素敵な40歳になりましょう\(^o^)/

他人の価値観に傷つく人のマキ。

昨日は独身の同年代の女友達とホテルランチ。お互い平日にある程度自由がきくので、時折話題のお店にこうして足を運ぶ。そして二人とも結構な年下な彼と付き合っていることもあり、共通の話題にも事欠かないw

f:id:makicoo:20160226011741j:plain

話題のいちごビュッフェは春感満載で、超寒い日だったけど、いちごから勝手に春の訪れを感じる1日。高かったけど、美味しかった!そして早くあたたかくなりますように。。

 

 

さてさて桐谷美鈴の発言が炎上したことにも繋がるのだけど

 

桐谷美玲に批判が殺到「30歳までに子供を何人か産みたい!あと4年しかない」・・他 - NAVER まとめ

 

どうも他人の価値観に傷つく人がいるように思う。桐谷美玲は30までに子供を何人か産みたい!という価値観なので、26の今、あせるのも当然だ。その至極当たり前の発言に対して「自分の生き方を否定しているのか」と受け止めるのはあまりにもセンシティブすぎるし、そんな事で傷つくのだとすると、世の中は相当生き辛いと思うのだ。

 

子供を早く産めば、若い時期を子育てに追われることになるし、子供を産む時期を遅くすれば、妊娠できないリスクが高まる。仕事に没頭すればプライベートの時間は減り、プライベートの時間を増やせば、仕事での評価に影響があるかもしれない。そのメリット/デメリットを天秤にかけ、何を優先させて生きていくかは、人それぞれ。もし、今の時点で自分の中の優先順位がしっかり順位付けできていないのだとしたら、ただちに考えた方がよいと思う。そして自分の中の優先順位=価値観がしっかりとすれば、他の人がどう生きようが、参考になったり励みになることはあっても、傷つくことはない。

 

前述の友達と私は、ずいぶんと恋愛に重きをおいた生き方をしていて、いい年して・・・という意見には苦笑いをするしかないものの、自分達で納得して選んだ上のイバラの道なので、まっとうするのみ。めげそうになったらまた一緒にご飯を食べたりして元気に楽しく生きていく(*゚ー゚)