読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

makicoo thinks

2017年のテーマは「アラフォーを楽しむ」。77年生まれの皆さん、素敵な40歳になりましょう\(^o^)/

キレイでいるにはどれだけの時間とお金がかかるのかのマキ

美容

昨年10月の転職をキッカケに大きく変わったことのひとつに、「美容・ファッションにかける時間とお金」がある。恥ずかしながら前職はほぼすっぴんで過ごしていて、たまに化粧して会社に行くと「あれ、今日はデートですか?」と聞かれるほどの手の抜きよう。。服装も友達からのもらいものや何シーズンも着古したものが中心で、まったくもってファッショナブルではなかった。唯一体型に関しては神経を尖らせていた成果があり、

 

makicoo.hatenablog.com

makicoo.hatenablog.com

褒めてもらえることも多かったけど、まあほかがひどかったからそこを褒めるしかないよなぁ・・・と今は思うw

まーとにかく意識低い系の♀だった。

 

そんな私が突如「美容・ファッション」に重い腰をあげたのは、ライターの仕事を細々と復活したことと、平日の時間の融通がきくようになったことが大きい。意識低い系ながらも美容系の記事を書くうちに、自分自身もやってみようという気になり、そして興味が沸いたらすぐに予約が取れるくらい、時間の融通がきいたのだ。ただでさえ、人と会わなくなる生活になるので、たまに人と会う時くらいちゃんとしていたいと思うようになったのもある。更に気楽な独身生活ということもあり、老後に備えよう的な発想を捨てれば、自由に使えるお金もまあまあある。という事で、私は気軽な気持ちで30半ばを過ぎて意識高い系の♀への生活にシフトした。

 

以下2016年1月に費やした金額と時間。

まつエク  ・・・5,000円強 (施術時間:1時間)

髪の毛カット・・・8,000円強 (施術時間:1時間)

ネイル   ・・・5,000円強 (施術時間:2時間)

フェイシャル・・・10,000円弱 (施術時間:1時間×4回)

脱毛    ・・・10,000円弱(施術時間: 2時間)

ジム・・・10,000円強(2時間×6回) 

マッサージ・・・12,000円強(1時間×4回)

計60,000円(26時間)

 

この他に化粧品と服代がかかっている訳で、結果1月で100,000円くらいいってるんじゃないだろうか。。転職する以前もジムとネイル、カットにはいっていたものの、マッサージは不定期だったし、服はほとんど買ってなかった。改めて書き出してみると、何だか結構ぞっとする。(ちなみにまつエクもネイルもフェイシャルも、激安の部類に行っているので、ちゃんとしたところに行っている人は、もっとお金がかかります)

 

もちろん、上記をするにあたって、セルフでケアをすればもっと全然安上がりではある。が、ケアにかかる時間というのは大して変わらないはずで、そこそこきれいでいようと思うと、♂の人よりムダにお金も時間を食うんだなということが、改めて振り返って分かった衝撃的な事実である。

 

そしてこれだけのお金と時間をかけて手に入れているのは、お金と手間をかけないよりかはマシな自分。そしてその「マシな自分」というのは、恐らく20代の頃よりかは劣化している訳なんだから、結構切ない。沢尻エリカの映画にもなった、岡崎京子の「へルタースケルター」というマンガの中に

 

何故神は まず
若さと美しさを最初に与え
そしてそれを奪うのでしょう?

 

 

とう台詞があるのだけれど、とりたてて美しい訳でなかった私ですら、本当に心から共感してしまう。。

 

改めて、年をとればとるほど、「キレイ」でいるということにはお金と時間がかかるのだと思う。私の例は極端としても、たぶん30 OVERのあなたの身の回りにいる「キレイ」な人はそこそこ「キレイ」でいることにお金と時間をかけている。もともとの素材がいい人もいるだろう。けれど、大多数の人にとって、「キレイ」でいることはお金も時間もかかることなのだ。

 

以前「美魔女」に対して子藪千豊が物申して物議をかもしたことがある。

news.mynavi.jp

 

そうだよなーとも思う一方、劣化との戦いは古代から続く人間の、特に女性のテーマである。たとえ焼け石に水であったとしても、ちょっとでもマシな自分でいたいというのは人間の本能でもあるんじゃないだろうか。興味がない人に強いる世の中であってはないけれど、「キレイでいたい!」という人を批判するのはまたお門が違う気がしている。「キレイでいたい」というのはこの年齢になるともはや趣味。その趣味に対して、他人が「ムダだ!」とか「そこばっかりが人間じゃない!」と批判するのもどうなのかと思うわけだ。

 

ちなみに私は、いずれ金額感は見直すにせよ、劣化現象と必死で戦っている自分が、嫌いではない。テレビ番組で「ざわちんがエゴマ油を毎日飲むようにしたら肌荒れがなおった!」と特集されれば、即効Amazonでポチ。スーパーフードといわれるチアシードは毎日の朝ごはん。キウイも「皮にはポリフェノールが豊富!」と見かけて以来、皮から食べる派。女友達と会えば使ってよかった化粧品や、やってよかった美容の話。改めて書き出すとあほっぽいのだけれど、まーそんな毎日だ。「人間は見た目じゃない」が口癖の両親が知ったら卒倒するだろう・・・と思いながらも、明日の朝もエゴマ油を飲む。マズイけどw