読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

makicoo thinks

2017年のテーマは「アラフォーを楽しむ」。77年生まれの皆さん、素敵な40歳になりましょう\(^o^)/

外資系企業への転職~働く上で知っておきたい5つのこと~のマキ

 

某米系ベンチャー企業に転職し、トレーニングのためにシカゴへ。ぶっちゃけシカゴは「犯罪が多い」というイメージしかなかったものの、意外に平和な大都会。さすがロサンゼルス・ニューヨークに続く第3の都市。。。写真は文中にも出てくるシカゴの高級レストラン「シグネチャーラウンジ」からの風景。ここ本当に絶景ですばらしいので、来ることがあったら是非。

f:id:makicoo:20151015160829j:plain

 

トレーニングがはじまってまだ3日なものの、すでに見えてきた日系企業との違いがあるので、外資に転職しようかなと思ってる人に心構えをいくつか。

その1:頼れるのは自分だけ

最初に驚いたのが内定通知をもらい、その後アメリカで研修を受けるという所までは決まっているのに、その件のアップデートが一切なかったこと。

飛行機のフライトはおろか、いったいいつまでどういうスケジュールでトレーニングなのかが全く知らされていず、結局判明したのは出発の1週間前を切ったあたり。それも、友達の結婚式に行けるかどうかを確認したくて、いったいトレーニングがどうなってるのかを自分から催促した事がきっかけ。

質問がない=困ってない、で、たぶん先回りして何かをしてあげるという発想はない。一方主張するとちゃんとやってくれるので(少なくとも私の会社は)しつこいかな失礼かなという日本人的気遣いは一切捨てて、疑問に思ったことやおかしいと思ったことはちゃんと言うのがたぶんとても大事。

その2:チクリ社会を理解しろ

アメリカの会社は誰が誰の上司でどんな役職なのか、役割なのかという事が日本以上に重要。日本でよくありがちな「部門」という考え方はあんまりなくて、部門に相当する役割が、厳密に人に紐づいている。これ、誰かが倒れたり急に辞めたりしたら色々大変だなーと思いつつ、まあ自分の役割が明確に定義されてるというのはやりがいという点ではよいのかなと思ってみたり。

ちなみに誰かに色々問題があると、本人に言うというよりその人のレポートラインの上に働きかけるのがこっち流のやり方のよう。そしてそれをされると色々面倒だからという理由で組織がまわっているようにみえる。つまり何気にチクリ社会。。

その3:敬語超大事

よくアメリカには敬語がないというけれど、敬語に該当する言葉がないだけで敬語に該当する言い回しはしっかりあり、ビジネスの上では使いこなせないと結構きつそう。

【好ましくない例】

Can you check the status immediately?

【よくある例】

It would be a great help if you could check the status immediately. 

要はダイレクトになにかを言うのは結構無礼ぽい。上司が一向に問題を解決してくれない人に対して、めっちゃ文句を言いながら上記のような文章を送っているのをみて、これは気をつけなきゃなと身が引き締まる。。

その4:お金のことを気にするのは野暮

こっちにきて驚いたのが、えらい人の気前のよさ。昨日は上司のボスからシカゴで評判のレストランに連れてってもらい、一人$100超のディナーをゴチに。行き帰りのタクシー送迎つきで、そのほか基本ランチにしても、奢ってもらいまくりの毎日。

ちなみにいえいえ私が払いますよ的なやりとりはなく、えらい人とご飯を食べに行ったらえらい人が払ってくれるのが常のよう。(1人$100超えたディナーは上司も一緒だったんだけど、私の上司も全くお金を払うそぶりはなかった)

後経費についてもとりあえず何か仕事で必要なものがあったら、口頭で何を買うかを確認した後、後は領収書つけて請求すればよいらしい。背景としてはアメリカ社会において「けち」というのはとても格好悪いらしく、あまりお金の事をこまかく確認するのは逆に失礼というお国柄のよう。これはもしかしたら会社によるかもだけど。

その5:遅い時間のミーティングは死刑

うちの会社は17PMがなんとなくの退社時間で、この時間帯くらいにみんなそそくさと家に帰る。まー家や帰宅途中にそれぞれ色々やってるというのはありながら。

で、会社にずっといても評価されないくさいのは事実ぽく、さっさと帰ってるのにやることが終わってるのがCOOLなよう。で、遅い時間のミーティングセットとか、ものすごく反感かうきがするので要注意。ちなみに朝早い分にはみな納得してるよう。

最後に

入社してからが本番。最初の入りはとっても大事。検討を祈ります(*゚ー゚) 

www.tripadvisor.jp

http://blog.makicoo.com/entry/2015/09/15/013536