makicoo thinks

2017年のテーマは「アラフォーを楽しむ」。77年生まれの皆さん、素敵な40歳になりましょう\(^o^)/

難民問題は日本人に理解できるのかのマキ

f:id:makicoo:20150905013613p:plain

シリアの難民の男の子。ギリシャ脱出に向けて乗っていた船が転覆し、その結果亡くなり海岸に打ち上げられた。その様子を捉えた写真&動画が衝撃的すぎて、全世界で難民をもっとスムーズに受け入れるべきだという声があがっているのが昨日今日の出来事。

 

難民とどう向き合っていくのかはいまヨーロッパでかなり深刻な問題。

www.all-nationz.com

現在中東近辺がいわゆるイスラム国ことISISのせいで近年稀にみる不安定な情勢という事もあり、付近の住民は安住の地を求め、ボートや何やらを駆使してヨーロッパ上陸を試みている。ただ当然経済が好調な国で職を得たいというのもあり、ドイツやフランスといった一部の国に人気が殺到。難民の受け入れには誰の目にも明らかだが膨大なコストがかかる。更には難民の中にはテロリストがまぎれている可能性もあり、治安に対するリスクもある。

 

それでも「難民を受け入れるべきだ」という声があがるのは、やはりヨーロッパ諸国にはキリスト教のバックグラウンドがあるのと、身近な国が難民化した歴史が存在するからなのだと思う。第二次世界大戦時、フランスがナチスに占領された際は、フランス人が難民化したし、ユダヤ人はいわずもがな。近年になっても、セルビアあたりが不安定な際は、やはり大量の難民がヨーロッパ内で発生した。おかしな指導者に制圧された国での暮らしは地獄。その感覚に共感できるから、ヨーロッパの国々には言語すら違う国の国民を受け入れる覚悟のようなものが、備わっている。

 

さてさて日本はどうだ。まず日本は大和の時代から日本以外の国に安住の地を求めたくなるようなひどい時代がほぼなく、また日本の周りを激しい海流が流れている事もあり、日本にボートピープルがたどりつくような事はほとんどない。そのためそもそも国を捨て、他国の庇護のもとに生きるという選択肢がピンと来ない人が多いように思う。

 

例えば北朝鮮の圧政に耐えられず、1000人単位の人が日本に流れ着くような自体が発生したとしても、受け入れるべきだという声はあがるんだろうか。波打ち際に日本に上陸失敗した北朝鮮の子供の遺体が転がってきたとしても、じゃあもっと難民を受け入れるべきだという議論になるだろうか。そのような事態にならないよう、つまり日本にたどり着く前に本国に安全に戻すかの議論になる気がする。現に今回世界中で「難民とどう向き合うべきか」が話し合われているこの瞬間でさえ、シリアの難民を日本で受け入れようという議論は、私の知る限り行われていない。

 

ただ理解できないからといって目を背けてはいけないのだと思う。 紛争につぐ紛争で、現在シリアの国民の半分が難民化しているという異常事態が今回の難民問題の根底にある。

www.refugee.or.jp

「平和」というのは日本国内だけで成し遂げられたらそれでよいものではないはずだ。今回の事をきっかけにシリアで今何が起きているかを多くの人がまず知り、難民問題についてもきちんと理解ができる国になれたらよいなと思っている。