makicoo thinks

2017年のテーマは「アラフォーを楽しむ」。77年生まれの皆さん、素敵な40歳になりましょう\(^o^)/

アクセス数を稼げる記事のマキ。

今日のご飯。パエリア風だけど実はチャーハン。これはらくちん。今度誰かが来る時に作ろうと思う。

f:id:makicoo:20150904003903j:plain

さてさてランサーズ。とてもよいクライアントさんにあたって、その人経由のお仕事を中心にこなしている。初期の頃はランサーズの仕組みを覚えるためとはいえ、250円の口コミ投稿とかのお仕事をしていたのに、ちゃんと4桁もらえるお仕事が中心になって嬉しい限り!早くライター全盛期と同じくらいの単価でお仕事できるとよい。

 

さてさて本題。やっているまとめ記事のアクセス数とかがみれるので、どうしたらアクセス数が伸びるのか、シェアされるかなどを研究している。で、選ぶサムネとテーマでほぼ全て決まるなというのがここまでの印象。また固めのリードよりも顔文字使ったりした方がよいし、曖昧な内容よりも多少強引でも言い切った方がよい。で、とても参考になるのがTVの番組表や番宣w ああいうノリがFacebookとかでも受けるんだなと思って気にかけてみるようになった。

やっぱり今って情報が溢れているから、じっくり味わうように文章を読む時代じゃない。ちょっと目新しくてキャッチーなテーマで、目を惹くサムネで。それがきっと今の時代の正解で、全ての記事がより多く読まれる事を意識している以上、その土壌で戦えるセンスを身につけねばいけない。今の私の文章は固めなので、もう少しくだけたテイストでさらさら書くのが直近の目標。

 

ただそれでもいつか、何度も読み返してもらえるような文章が書きたいなと思っている。私にとってのそれは山田詠美のエッセイや小説。高校生だった私は山田詠美に夢中で、彼女が文中でとりあげる本や音楽、店といったものをひたすら追いかける10代を過ごした。六本木のクラブに足しげく通ったのも山田詠美がそうだったからで、赤坂のホテルでよく待ち合わせをしたのも山田詠美の小説にそういうシーンがあるからで。

 

いつか私の文章を通じて、よい本だったり音楽だったり、場所だったりイベントだったりに興味を持ってくれる人がいたら、それはどんなに素敵な事だろうなと思う夜でした。