読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

makicoo thinks

2017年のテーマは「アラフォーを楽しむ」。77年生まれの皆さん、素敵な40歳になりましょう\(^o^)/

仲直りのコツのマキ

2日前に相方氏を怒らせてしまった。。が、昨日の夜には仲直りできたのでその備忘録。

 

相方氏を怒らせたきっかけを端的にいうと、私が相方氏の頼み事を無下に断った事に起因する。その後思い直して中途半端に頼み事を解決しようとしたのも更に気分を害したらしい。。

で、その後チャットで話しかけてもいっさい応答がなく、てっきり飲み会に行ったのかと思っていたら、私と会話をする気が失せていたらしい。いつも寝る前はおやすみといってくれるのに、朝起きてもチャットにログがない。私はなんだよ朝帰りかよと別の方向でしょんぼりしていた。。が、要はスルーされていただけだった。。

 

仲直りできた理由の1番目は単刀直入に聞いたこと。次の日は話しかけたら返事はしてくれるようになったので、返事が素っ気ないのは仕事が忙しいのか怒ってるのかどうかをYES/NOで返せるように聞いた。そして具体的に何がいちばん私の対応でよくなかったかを、やはりYES/NOで答えてもらうように思い当たることをリスト化して質問した。

 

理由の2番目は直接会って話をしたこと。チャットではもう怒ってないと言ってくれたものの、文字だけだと限界を感じ、駄目モトでご飯に誘ってみた。そしてご飯を食べながらしゃべっていくうちに、何だか仲直りができていた。

 

そして何よりも私が仲直りしたい際に大事にしてるのは、逆切れしないことである。相手が怒っている以上、こちらがキレたところで問題は悪化するばかり。相手が気分を害したのであればそれは真摯にまず反省するところ。怒っている相手の態度によって自分が傷ついたとしても、そこについて言及するのは仲直りした後のが効果的。何より怒っている人の態度が悪いのは当然で、そこを平常時の相手と比較してカチンときても、怒るだけ損だというのが私の見解。

 

ちなみに仲直りした後の居心地のよさは格別で、スルーされていた時の凹んだ感情は跡形もなくすーと消えていった。ただ相方氏は最高の話し相手なので、1分1秒たりともスルーされないように、今回教えてもらった気分を害したポイントを繰り返さないようにしないとなと思った夜なのでした。