読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

makicoo thinks

2017年のテーマは「アラフォーを楽しむ」。77年生まれの皆さん、素敵な40歳になりましょう\(^o^)/

無職の人と付き合った結果のマキ

恋愛

ここ立て続けに身近に無職(但し当時)の人と付き合ったひとがいるのでその話など。なおどちらのカップルも界隈ではそこそこ有名人なので設定は若干脚色してます。

 
まずはCGデザイナーのSちゃん。同棲していた彼がいたものの、起業家を目指す当時無職のAさんと出会い、恋に落ちる。結果同棲していた彼とは別れ、Aさんと付き合う事になったのだけれど、彼は東京には家がない。。
そこでSちゃんは彼と住むための家を借り、無職の彼との生活をスタートさせたのだ。当然家賃も食費もSちゃん持ち。だけどSちゃんはそんな生活を大して苦にせず、彼の事業を応援してあげていた。そしてそんな彼の事業に芽がでてきたようで、今年に入ってからは家賃や食費も払ってくれるようになったそう。そして当然だけど、つらい時期を支えてあげたSちゃんを、Aさんはとても大切にしている。
 
ダンサーのTちゃんが選んだ彼も、付き合いはじめは無職。もともとは証券マンだったが、海外放浪の旅に出、帰国して失業保険で暮らしている時にTちゃんに出会って恋に落ちる。彼の場合は家賃こそ自分で払ってるものの、ご飯代はTちゃんが全て払ってた。Tちゃんの歴代の彼氏はお金持ちの人が多かったから、私を含めたまわりは少し心配したのだけれど、今月から彼はまた働き始め、ごはんは全部払ってくれるようになったそう。そしてその事を嬉しそうに話してくれるTちゃんも彼からとても愛されてる。
 
まとめると。。
自立している女の人は無職の人とも付き合えて養うことができる。Sちゃんの彼もTちゃんの彼も出会った当時にたまたま無職だっただけで、出会ってから1年経つ今はそれぞれちゃんとした仕事をしている訳で。だから男の人を収入でフィルタリングしてしまうのは、本当にもったいないと思ってしまう。
 
ただ2人が選んだ無職の彼に共通してるのは、食と住以外の事は無職期間もちゃんと自分でなんとかしていたこと。そしてそのあたりがきちんとしている男の人は、きっとたまたま無職なだけで、時がくれば自立し、そして恩返しをしてくれる人なのだと思う今日この頃でした(*゚ー゚)